1リーグ時代のデータ集 - 年度・チーム別 > 1937年秋 東京セネタース

(広告)

1937年秋 東京セネタース 監督:横沢三郎→苅田久徳 (48試合)

(選手名をクリックすると個人別のページが別ウィンドウで開きます)

青木 幸造
9
15
★9 5
PH 1
30
※浅岡 三郎
11
★1 7
★131 1
★15 1
1
★9 3
PH 7
31
家村 相太郎
20
③9 2
★3 1
13
⑨3 1
★9 4
41
伊藤 次郎
6
①7 1
①9 1
★1 4
3
★7 2
9
⑨1 2
★9 2
PH 1
31
今岡 謙次郎
1
★4 1
6
★5 6
18
32
大貫 賢
21
⑦3 2
2
PH 1
26
尾茂田 叶
48
金子 裕
3
★1 5
PH 4
12
苅田 久徳
42
④5 2
④6 1
2
⑤4 1
48
北浦 三男
7
PH 4
11
武田 勇
6
★7 4
1
★9 3
PR 2
16
中村 信一
1
30
31
中村 民雄
41
3
44
野口 明
23
①3 1
①9 1
①92 1
★1 5
1
③9 1
★3 1
★5 1
2
⑨1 1
⑨313 1
★9 1
PH 2
42
森口 次郎
6
横沢 三郎
1
横沢 七郎
37
⑤1 1
⑤4 1
★5 1
★54 1
41
横沢 四郎
1
★9 1
2
綿貫 惣司
21
★3 1
22

※ 9/2の対イーグルス戦のスコア(下図左)が不完全だったので、新聞で確認してみると全紙で下図右のように記載されていた。
エンサイクロペディア表記では、浅岡三郎の二塁手での守備位置別出場数は1、三塁手での守備位置別出場数は0となっており、
この試合における浅岡の守備位置を誤って 投二 として集計してしまったのではないかと考えられる。

大全集 新聞各紙
[三]
[投]

[ニ]
苅田
伊藤
浅岡
横沢三
野口
[三]ニ
[投]
投三
[ニ]
苅田
伊藤
浅岡
横沢三
野口
守備
野口 26 2 4 32
浅岡 11 1 12
伊藤 8 3 11 22
金子 3 3
中村民 41 3 44
北浦 7 7
家村 22 14 36
綿貫 21 21
苅田 45 3 48
今岡 1 6 18 25
中村信 1 30 31
横沢三 1 1
横沢七 39 39
大貫 23 2 25
青木 9 15 24
武田 6 1 7
森口 6 6
尾茂田 48 48
横沢四 1 1
打順 1 2 3 4 5 6 7 8 9
苅田 24 22 1 1
中村信 24 7
横沢七 10 25 4
森口 5 1
今岡 3 1 21
大貫 1 4 16 4
尾茂田 44 3 1
野口 2 18 2 4 6
中村民 1 41 2
綿貫 9 12
家村 2 19 14 1
伊藤 8 13 1
浅岡 2 2 3 5
青木 13 11
武田 3 3 1
金子 2 1
横沢四 1
北浦 7
横沢三 1

↑ページTOP / 年度・チーム別TOPページへ

東京セネタース36 37春 37秋 38春 38秋 3940

大洋41 42 西鉄43

(広告)

inserted by FC2 system